レーザーとフラッシュには脱毛効果の違いがある

バナー

レーザーとフラッシュには脱毛効果の違いがある

一般的に、脱毛処理をする際の便利な手段には二つの種類があると考えられています。

一つは、医療施設で利用できるレーザー脱毛と言う方法で、この手段を使うといわゆる永久脱毛を実現できますので施術に成功するとものすごく長期で脱毛効果を体感することが可能です。



そして、もう一つの手段がフラッシュ脱毛と呼ばれる手段で、この手段はレーザーと異なって医療施設以外であっても使うことが可能な点に大きな特徴があると言えるでしょう。

レーザーとフラッシュになぜこのような違いが存在するのかと言うと、光の波長を調整することによって体毛に照射される光の強さに違いが存在するからです。



光と言うのは、それぞれの波長によって人間にとって有害なものかそうではないものかに分けることができます。



もちろん、特定の波長を利用することによって人体に対して有害ではないものも作ることができ、それを利用しているのがレーザーでありフラッシュであると言えます。

しかし、こうした光を使った機器では出力を大きく上げてしまうと万が一の場合に患者に対して何らかのトラブルがあったときに誰かが責任をとらなくてはいけなくなります。
法律的に、患者に対しては何らかの肌のトラブルが生じたときにはそのケアを行うことができるのは免許を持った医者だけであることが明記されていますので、出力の高いレーザーに関しては医者にしか扱うことができないわけです。


ですから、同じような光の原理を使った機器であってもレーザーと光では根本的に生じる効果に大きな違いが存在するわけです。