レーザーを使って長い脱毛効果を体感しよう

バナー

レーザーを使って長い脱毛効果を体感しよう

脱毛処理の中でも、患者に対して最も長期的に効果を発揮する方法は、医療脱毛に分類されるレーザー脱毛と言う方法です。

レーザーと言うのは、本来光の波長を調整して作られるものであるため、完全に人体に対して無害であるというわけではありません。



実際に、ほかの医療の現場で利用されるレーザーは人体に対して悪い影響を与えるものも存在します。

直接的に肌に対して照射することによって人体に小さな穴をあけてしまうものがありますし、実際に悪性の腫瘍を除去するために専用のレーザーを体内に通すこともあります。しかし、医療脱毛で使われるレーザーにはこうした人体に対する悪影響がないのでとても安全に使うことができるメリットがあります。



医療脱毛のレーザーは、波長を調整して黒い物体であるメラニン色素と言う物質のみに対して反応を起こすようになっていますので、照射する部分にメラニン色素とな時黒い物体が存在しないケースではレーザーによるエネルギーの効果を発揮しません。反対に、メラニン色素と同じ物体であるのならば体毛だけではなくホクロやシミに対しても反応をしてしまいますので、扱いを間違えてしまうとやけどしてしまう可能性があります。



特に、レーザーは出力が高くて免許を持っている医者にしか使うことができませんので、それだけでも威力が高くて扱いが大変だということがわかるでしょう。
こうした便利な機器を処理しますので仕上がりに関しては医学的な根拠があると考えて間違いありません。